コラム

BLOG

じねんじょう産品6点が 周南ブランドに認定!

市内・県内産の産品を優先した認定基準で、特産化がすすむ徳山西部地区のじねんじょう山芋をはじめ、6次産業化で生まれた加工品の数々が「しゅうなんブランド」に認定されました。●長州じねんじょう周南市内では西部徳山地区を中心に各所にて特産化が進行しています。他の産地のものと比べて粘り・伸…

『流通食材としての自然生』

現在では世界中の多くの食材が身近に食卓で味わえるようになりました。しかし、なかなか一般市場では手に入れにくい希少な食材がいくつかあります。栽培が難しい「松茸」や、限られた天然自生の山芋であるこの自然生(自然薯)も希少で、昔は父親が裏山で掘り出し、家族で食べるという継承生活文化が…

自然生(じねんじょう)の概説

★希少な日本原産種の山芋今や私たちの食卓にのぼる野菜のほとんどが外来種の植物です。 ヤマイモ類もヤマトイモ、ナガイモ、ツクネイモなどを総称してヤマイモと呼びますが、 これらは元来、畑作の栽培用に渡来したものです。 そのような中にあって、弊社が専門に取扱うじねんじょう山芋(自然生・自…

『日本人と自然生』

自然生(自然薯)は10月~4月の約半年にわたって採取が可能です。そして大きな根部やその実の「零余子」(むかご)は滋養が豊富で生でも食されることができることから、米や麦も知らない古代日本の原住民や縄文人にとっては、寒期の貴重・不可欠な食材でもあったのでしょう、山の幸として不動の位置に…

なぜ自然薯でなく自然生?

「自然に生えるところから自然生という」自然の山野に自生する日本古来種の山芋を昔より「自然生」と呼びます。まことにシンプルで本来的な命名です。広辞苑でも…、栽培されているヤマノイモに対して、自生しているヤマノイモの称と記されています。「自然薯」は「自然生」の転と説明されていますので…